Search this site
ツミカサネ


みなさん、お元気ですか。私は、おかげさまで、他三匹含めみんな元気です。相変わらずの毎日で、でも、子どもがいると考えてしまうのが、子育てと自分のあり方。正解なんてないし、子どもは十人十色だし、隣の芝は青く見えすぎるし。


自分はどうだったかなと思うこともしばしば。でも、最近、あ、良かったなと思えることもあって、昔からの性格か、それとも、海外に数年いたからなのか、周りの意見にそんなに振り回されない自分がいること。


さまざまな国の一流監督が子ども達にスポーツを教える【奇跡のレッスン】を見ては、あー、海外はこういう考え方で子育てをするのかと、すんなり受け止められ、思いがけない考えだけに取り入れたくなる。これは子育てだけではなく、ビジネスにも共通する要素も含まれていて、自分も原点回帰できるいい番組。とりいれてみようかなとやってみて、合わなければやめればいいというのが私のスタンス。


海外の監督が共通して毎回言うのは、【ミスはするもの、失敗をしないと学ばない、考えない。】オトナはすぐ介入したがるが、それだと、自分で考えない。なにより、子ども達がお互いの声にかたむけることをそいではならない。


ミスの指摘は誰でもできること。早く考える癖をつけさせ、失敗しても何度もチャレンジさせる。ある子どもは、コーチから、そうじゃない、あっちに蹴るんだ!と言われ、次の同じ様なミスで、そうじゃない!まっすぐ蹴るんだ!とあれこれ言われ続け、彼は自分で考えることもやめ、自分から動くことをやめたんだと言っていた。


レッスンのメニューも慣れたら、すぐ変えるなど、考えるメニューでステップアップさせる。同じメニューでは飽きてしまうし、やはり考えることには、つながらない。


そして、失敗はあとで教えること。失敗する部分はみんな違う。何回かチャレンジしても、わからない場合は、立ち止まって、正解を“自分で見せて"、何が駄目だった?どう違う?どうしたらいいと思う?と、それぞれに考えさせること。人生トライアンドエラーの繰り返し。【自分で見つけた答えは一生忘れない】と言う。


オトナが大事にして欲しいのは、その子の強みを見つけること、隠れたいいところを褒めること。それが、自分に自信がつく近道だと言っていた。


あるお母さんが、学校とお家では態度が異なり、お家で注意を引くためなのか、騒いだり、嫌なことをしたり、どうすればいい?の問いに監督は、あっさりと、放置すればいいと言っていた。本人も続けて放置されたら、2、3回で諦める。でも、その代わり、本人が不機嫌じゃない時に褒めることを重要視して欲しいと。


もう一つ、外国だなと思ったのは、他の子より秀でている子は、どうしてもエゴが強くなり、自分だけで試合を進めようとしがち。でも、その時は決して出る杭は打たないで!と。その子には自分の才能を周りと喜び、わかちあうことを教え、協調性を学ぶ方へ導いて欲しい、作り上げて成功する喜びを知って欲しいと言っていた。


そして、自分が年齢を重ねるにつれて、覚えておこうと思った任天堂の社長、岩田さんの言葉。


コミニュケーションで、相手にうまく伝わらない時は、絶対人のせいにはしない。「この人が自分のメッセージに共感したり、理解してくれないのは、自分がベストな伝え方をしてないからだ。」と思うようにすると決めたんです。うまくいかない場合は、自分が変わらないといけない。この人に合ったやり方を探せば、理解や共感を得る方法は必ずある。いまでも、コミニュケーションがうまくいかなかったら、自分の側に原因を求めています。


久しぶりに書いたら、こんなに長く。これからも、のらりくらり頑張りまーす。

posted by Asako | 21:46 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
長野県


どうも、息子から、あさこ、脇に砂ついてる!とティッシュで拭かれたアサコです。

そんな私は相変わらず研修中で、店頭から通販部門へ。電話対応も始めまして、通販の一連の流れを知らないと対応出来ないので、連日かみかみの電話対応をしているさんぱち。

そんな中、昨日、長野県から、綿菓子機のパーツだけは買えないかな?とおじちゃんからの問い合わせ。上司が留守電を残してくれたけど、折り返しなし。あのおじちゃんの雰囲気だと、電話待ってるのかなと気になり、お盆中に使いたかったんじゃないかなぁと、再度連絡。

すると、留守電聞いて折り返ししたけど、窓口の人がわからなかったみたいだから、そのまま、電話切っちゃったよとおじちゃん。謝ってから、詳細を説明。住所を確認していたら、そっちの住所は、牛乳店ねと。長野で牛乳店、美味しそうですねと伝えたところ、今度お店にきたら、こっそりあげちゃうとおじちゃん。二回しかやりとりしていないのに、このやりとり。主人の親戚が長野県なんですよ、今の時期プルーンが美味しいですねと言ったら、そうそう、今はプルーンと桃だよ、来なさい来なさい、夏休みでしょ!とおじちゃん本気。(内容はこれでも結構省略) そのまま話していたら、プルーン送るよ!となりそうな勢いだったので、いつか長野県行ったら、お邪魔させてください!と電話を切ったものの、余韻に浸り数分ニヤニヤ。

顔も見えなくて、電話にたまたま出た私にそんなお誘い。都会ではないなぁと、同じ時計の進みかたなはずなのに、その時だけ、ゆっくり流れるような気がしたのでした。長野行きたいなぁ、ゆうか元気かな。
posted by Asako | 12:45 | - | comments(2) | trackbacks(0) |
さんぱち


みなさん、お元気ですか。私は先日、誕生日をむかえまして、女子力とは無縁のおばちゃん感に貫禄が出始めて参りました。そんな中、またまた転職をいたしまして、周りには転職癖がついたのだと言われておりますが、市内の駄菓子屋さんに落ち着いたのであります。

しかしながら、ただいま研修期間中で、店頭にて朝から晩まで人生初の接客やら荷出しをやっており、体力と戦う毎日。まぁ、苦手な分野だけあり、全くダメ。学生のアルバイトさん達はチャキチャキ、さんぱちはのろのろ。なぜか、さんぱちなのに朝ちゃんとみんなが呼んでくれ、助けられながら、なんとか毎日を乗りきっている。毎回、家に帰ってから、鏡を見てびつくりするのが、打撲だらけの足と腕。馬さんには自分と歩く時は長袖で隠さないと、僕がDVを疑われてしまうと言われたくらい。でも、それくらい大きな箱を上げたり下げたりして、気づいたら台車などにぶつけている。だから、帰宅して第一声が大体、今日の瓶ラムネの荷下ろしは死ぬかと思ったよなど、社内の不満ではなく、体力なさ自慢。研修期間よ、はよ過ぎてくれと願いながら、楽しい楽しいと店舗にきてくれるお客さんと若いアルバイトさん達に救われて踏ん張っております。しかし、八王子の暑さは半端じゃない。ちなみに入社前に母上に発注していたお手製エプロンは、肩から下がることなく、大活躍中。

写真は貴重なお休みに私のリクエストで食べたプリッツエル。焼きたてが一番。

馬さんが教えてくれたオススメ動画。確かに一人オーケストラ
posted by Asako | 20:38 | - | comments(2) | trackbacks(0) |
岩手の古い教え



■「津波てんでんこ」

津波てんでんこは、三陸地方に伝わる古い教えです。津波のときには、家族を探しにも戻ったりせず、各自てんでんに逃げるのだという教えです。古くからの教えですが、さらに多くの関係者の努力によって、この言葉が防災に役立てられました。

今回の東日本大震災でも、津波てんでんこの言葉とともに避難訓練を繰り返した子どもたちがみんな助かった「釜石の奇跡」と呼ばれる成果を上げています。

しかし、津波てんでんこは、ただ自分勝手に逃げろという教えではありません。津波てんでんこは、誰かの指示を待つことなく各自がしっかり判断して逃げなさい、そして目の前の助けられる人は助けなさいという教えです。

■「津波てんでんこ」4つの意味

京都大学防災研究所の矢守克也先生(社会心理学・防災教育学)は、津波てんでんこの意味を4つに分けています。

1. 自助原則の強調(「自分の命は自分で守る」):凄まじい速さで襲う津波で家族共倒れになる悲劇を防げます。

2. 他者避難の促進(「我がためのみにあらず」):自分の命を救うことは人の命を救うことにつながります。あなたに声をかけられて逃げる人、あなたの逃げる姿を見て逃げる人がいます。「釜石の奇跡」でも、中学生が小学生を助けて一緒に避難しています。

3. 相互信頼の事前醸成(事前の準備):普段から災害発生時の話題を出し、どう行動すべきか、どこへ逃げるのかが話し合えます。家族同僚友人が、相手はきっと自発的に逃げていると信頼することで、全員の命が助かる可能性が高まります。

4. 生存者の自責感の低減(亡くなった人からのメッセージ):大津波の時には、助け合うことと同時に各自で逃げようとと考えることが正しいのだと知ることで、生き残った人の自責の年を癒すことができます。
posted by Asako | 12:42 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
よんさい


おかげ様でかんちゃまんが4歳になりました。昔から髪の毛が生えるのも、歩き出すのも、言葉もスローペースですが、大きな怪我や病もなく、元気に育っています。先日、やっとやっとトイレにも行きはじめまして、年を重ねたら、嫌でもせかされる環境になってしまうのだから、許される限り彼のペースを尊重しませうと思うダメな母です。でも、そんな母を空気を読んで気遣ってくれたり、ぎゅっとしてくる小さい命はとても愛おしく、自然を見て一緒に感動したり、ちょっとした事で笑えたり、ここに居てくれることに本当に感謝です。ちなみにかんちゃまんが年を取るということは、私も柴犬も年を取るわけで、最近二人?とも耳の後ろに白髪が生えてきました。

■こんな勢いはなかったけれど、分娩室に入ってからすぐ産まれてきたよ。 誕生
posted by Asako | 00:00 | - | comments(2) | trackbacks(0) |