Search this site
<< 特別なぷにぷにの出産 | TOP | 海外から見た日本 >>
魔の数字


数字はどのシーンにおいても、結構大事で、物事を明確にしてくれる。USJをV字回復に導いたと言われている森岡毅さんの講演会でも、数字によるデータ分析(マーケティング)を目の当たりにして、ご自身のダイエットにおいても、運動、食事等の因子と、体重という結果の間にある関数を解明しており、あー、数字って恐ろしいと個人的に思っていた。

そして、近くにいる馬さんも実は、数字に強くて、昔からやっている競馬の影響からなのか、何でも数字を記録して分析したがる。ネットで海外の論文まで見に行ける便利な時代になったからなおさら、エビデンスは楽しいねと、自分のトレーニングやら、かんちゃまんの記録やら、家計のやりくり(私がやったら家庭崩壊する)など、これがこうなるということはこういうことなんだよと説明してくれる。が、理系だったとは思えないくらい数字アレルギーの私は、大体そんな時はふむふむと言いながら上の空。

しかし、そんな私でも今回は、まさかの出産で、その数字の恐ろしさを目の当たりすることになる。

というのも、今回も私の意志で一人で出産に望んだのだけれど、いわささんは最初から分娩室で処置から出産まで終えるので、一人になる時間は少なく、ずっと助産師さんがそばにいてくださった。だから、前回はあえて聞くこともなかった機械や点滴などの話もしなかった。が、ここで裏目に出たのが私のわからないことはすぐ聞く「I have a question!」精神。あの機械のあの数字は何ですか、点滴のあれは何ですかと、まだ陣痛が進む前に、すべて聞いてしまったのでR。

今まで知らなかったからやりすごしていたのに、知ってしまったから、今の自分の状態、陣痛の感覚、点滴の内容や速度を、数値で見事に把握することに。陣痛でも、絶対こっちの方向が楽なのにと思う方にその機械や点滴があるから、嫌でも目に入ってきて、かなり後悔をした。結局楽な方向はその数値が気になり過ぎて諦め、逆方向で耐えることに。

そして、最後に陣痛MAX、出産という時に助産師さんに、あ、すみません、今、そちらに行けないので、反対側のナースコールボタン押してください!と言われ、あの数値達の方向を向き、力いっぱいナースコールを押すという猛烈な一撃をくらった。といっても、その時は数値なんてぶっ飛ぶくらいの痛みで、もういきまないでなんて、むりーの極地だったわけだけれども。

しかし、数値を改めて嫌いになり、自分の知りたがり精神も裏目に出るとこうなるのかと学習した出産でありやんした。

写真は入院中、かなりお世話になった充電式の湯たんぽと、ちく○が切れた時にすぐ治った羊さんの毛の油(ラノリン100%)、ランシノー。

posted by Asako | 13:23 | - | comments(0) | - |
コメント
コメントする