Search this site
<< いわさレディースクリニック | TOP | 魔の数字 >>
特別なぷにぷにの出産


1月6日15時10分に2808gの次男を無事出産。翌日に会いに来たお兄ちゃんは弟を見て、優しく触り、うわー、特別なぷにぷにだーと喜んでおり、翌日の登校初日で冬休みの出来事で弟が生まれましたと発表したそう。

さて、今回の出産ですが、やはり8年前と何も変わらず、朝8時にタクシーで、じゃ、行ってきます!とリュック一つを背負って家を出発。その後、すぐに着替えて朝9時に子宮口を開くため、あの魔の風船を挿入。が、経産婦だから、あの痛みはなく、あら?首の手術の方が痛かったなぁと拍子抜け。その後、分娩室へ。

昔から注射や採血の度に、血管が見つかりづらいと言われており、今回も一回目失敗。最終的に10時に利き手の太い血管で、促進剤の点滴スタート。お腹の張りが始まり、陣痛って何だっけ?と余裕をこいて、周りの器具の話(魔の数字参照あれ)や産婦人科の話などしていたら、きた、陣痛が。あの下腹部を襲う激痛が。。。

気を紛らわすために、なにか、なにかないかと思っていたら、赤ちゃんの心音が、いろいろな音に聞こえてきた。まずは、とんぶりの寝言のバフッ音。ずっと、バフバフバフバフに聞こえてきて、とんぶりーとなり、次はかんちゃまんの声で、わっしょいわっしょいわっしょいからの、よっこいしょよっこいしょと、私が妊娠後期に彼が私によく声をかけてくれた掛け声に聞こえてきた。しかも、最後の心音はとどめかの様に、ろかろかろかろかの響き。まだ、生まれてないのに次男の名前が聞こえてきたーと、一人分娩なのに、心音から応援隊が。

12時の時点で、風船がはずれていないか、子宮口の開きを見てくれたのだが、進んでないなぁとの助産師さんの一言に、経産婦だから、私の今日の気持ちは、もって17時までですよ、それまでしか、気力持ちませんと内心思っていた。しかも、空腹感が追い打ちをかけ、あー、長期戦かぁとモチベーションダウン。

そして、午後2時、助産師さんが尿を管で出してくださった後、状況が一変。膀胱のふくらみが減ったので、赤ちゃんが一気に下がってきて、陣痛の感覚も短くなったのでR。助産師さんも、え、こんなに早いの?!となり、風船とれーの、破水しーので、院長に分娩始まりそうですと連絡をいれてくれた。私も長期戦かと思っていたので、分娩に向けての心持ちが準備できておらず、かんちゃまんの時と異なり、呼吸とパワーのペース配分がごちゃごちゃに。案の定、過呼吸になり、母、手足のしびれがすごく、酸素マスクをつけられる。あ、もう、いきみたいという私に、まだまだまだ!と助産師さんにストップをかけられ、今、そちらに行けないから、ヘルプを呼ぶため、ナースコールを押して!と言われる。キモチ飛びそうになりながら、ナースコールのボタンを押す。全員揃ったところで、分娩開始。ワンプッシュ目、なんだか、中途半端ないきみ方を感じながら、あとワンプッシュでいくよ!と言われ、あと一回でいけるのかと気合いを入れて押し出す。血液が飛ぶ感覚があったものの、息子の泣き声が聞こえ、顔が見えたので、一気に気が抜けた。

なぜプッシュ2回だけでだったのかは、赤ちゃんがへその緒の絡まりがあり、長く産道に置いておけないという判断で、早めに会陰切開をしてくださった。胎盤はすぐ出たのだけれど、私自身の子宮も破れて?しまったみたいで、術後は中と外を縫合。また、出血もあったので、出産後、2時間は手術と点滴で分娩室に。点滴時(16時)に、15時のおやつまだあるみたいだけれど、食べれないよね?と聞かれ、欲が勝ち即答で食べます!と、生まれたばかりの次男を見ながら、幸せだなぁとおやつをすべて食す。

生まれたばかりのろかさんは、私の顔に似てるような、いや、私の祖母(母方)に似ている!という印象。

今回、よく助産師や看護師のみなさんに聞かれたのは、ご主人が立ち会えなくて、残念でしたねぇと。いや、長男の時もそうですが、私の希望なんですと言うと、あれ、触れちゃいけない?みたいな空気が流れ、いや、人がいると私が気持ち的に甘えるのと、気を使いたくないんですと言って、あー、そうなんですね、今どき珍しいと言われた。今はどなたかが立ち会う方がほとんどだそうで、反対に私が驚いたほど。でも、今回は助産師さんがずっと近くにいてくださったので、やはり、前回よりも痛いとか、もう、我慢できないかもと甘えが出ていた気がして、私は昔から自ら過酷な?厳しい?環境に身を置かないとダメな人間なんだなと改めて感じた。

さて、出産してから現在、3週間近くの息子さんは、ありがたいことに、お布団で一人で寝まして、3時間ごとにきっかり起きる。あと泣くのはオムツが気持ち悪いときだけ。今のところ、乳腺炎にはならず、第一子の時よりも体の回復が早く、外出も苦にはならず。かんちゃまんもせっせと弟くんのお手伝い?いや、母にこき使われ?助かっている。

posted by Asako | 11:42 | - | comments(0) | - |
コメント
コメントする