Search this site
<< シンプルに | TOP | いわさレディースクリニック >>
手術 後日談 まさかの。。。


あの切開を乗り越え翌日の再診。また、別の先生の診察。見た瞬間に、あ、こりゃ、もう一回、麻酔と切開だわとのお言葉が。。。ワタシ、心の中で、ウソだー、ウソだと言ってくれーと叫ぶ。やっと声に出たのは、あの痛い麻酔注射をまたやるんですね。。。のボヤキ。すると、ここ数日、連日通い続けているだけに、私のキモチをくみ取ってくれたのか、少し麻酔注射が痛くないようにしてあげるからねと、日曜日の診察は一人のお医者さんで回していて、2時間待ちで混み混みなのに、氷でゆっくり冷やしてくれた。

あのベテランの看護師さんも安定の優しさでお腹をなでてくれ、赤ちゃん大事だからね、ここの看護師さんはみんなママだからね、キモチよくわかるよと言ってくれた。ママにとっては、今年のPTAに始まり、ママのサポートは本当に心強い。さすが、声がけのマスターと思いながら、お隣りから聞こえてくる声がけも、つい聞き耳をたててしまうくらい、子供からクセ者?まで、まぁ、見事な声がけ。しかも、今日の先生は、それ、患者さんが一番欲しい言葉!と思う「僕が責任もって最後まで診ますから、大丈夫ですよ。」なんて宣言している。心強い言葉だけど、自信がなければ言えない言葉だなと思っていたり。

そして、私の麻酔と切開の番。お腹の子はなぜか、かぁさんの緊張を察したのか、まぁ、激しくお腹を蹴りまくっていた。元気で良かったと思いながらも、母は緊張マックス。麻酔注射は冷やしてくれたお陰で、昨日より痛くなかったのに、切開してからの、残りの粉瘤の取り除きがまぁ、痛い。今日診てくれた先生は、場所が首だからね、医師によっては、切除を思いきれないのよと本音がポロリ。ニオイがまだするて事は、まだ、どこかに残ってるって事なのねと、ドクターXを見てるみたいな解説を看護師さんにもしながら、小さい皮膚科なのになかなかの時間を私の切開に要してくれた。あ、やっぱり、ここだ、ひとつじゃなかったんだ、結構深く癒着してるなと言いながら、僕は今までこんな切開ばかりしてたからねと、しっかり残ってないか確認してくれ、ここは麻酔が届かない場所だから、痛いよね、でも、あと少しだから、頑張れぇと励ましてくれながら、終了。私のすごい手汗と少しの涙と肩凝りが、今回の痛みを物語っていた。

お母さん、頑張りましたね!と、先生も体をなでてくれ、数人の看護師さんもお疲れ様でしたと、ゆっくり休んで自分のペースで起き上がってくださいと最上級の優しさで接してくれた。一人の看護師さんは、私があまりにも深呼吸を繰り返していたので、過呼吸ではなかったけれど、念のため、血圧も測ってくれた。

明日も再診なのだけれど、終息に向かうことを願いながら、また明日も一日、病院と冬休み前の小学校保護者会で一日潰れるという、産休だけど、忙しい毎日になってしまった残念な師走。

posted by Asako | 20:32 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック