Search this site
<< 強い人 | TOP | 初めての手術。いや、小さい切開だけれども。 >>
胃腸炎物語


かんちゃまんが胃腸炎になりまして、これは免れないぞと思っていた通り、彼が治った翌日に発症。仕事終わりかけに、きたかもとお手洗いへ。見事に上下から、スパーク。無事に帰宅できるかがミッションとなりまして、18時に会社を退社。そこから、夕食を買うことと、路上でスパークしない様、300mずつ、トイレ行商が始まる。その点、住んでいる場所がある程度の都会で良かったと感謝。なんとか、20時に帰宅し、もう一人の体調悪い大人と、お互いわぁわぁ言いながら、とりあえず眠りにつく。夜中にむくむく起きてきた、息子さんに遅い夕食をすみませんねぇと言いながら、提供。たまたま翌日はお休みだったので、ウィルスを体内から追い出すことに専念し、飲まず食わず。我ながら良い判断をしたねと一日半で、通常復帰。しかし、体調崩すと、精神的にも体力的にもキツイ。ノロよりは軽いが、やはり、健康でいられることに感謝。


写真は学習発表会。いつだって、ツッコミどころ満載のかんちゃまんに元気づけられる。

posted by Asako | 13:23 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://d-o-b.kimiita.org/trackback/949249
トラックバック