Search this site
<< 言葉のチカラ | TOP | 持つべきものは友 >>
サイコパス


突然だけれども、子供の顔(表情)は本当に私には思いっきり突き刺さる。こんなにも大人の顔色を見て、これ以上責めないでという必死さが伝わってくる。泣けばいいのか、泣いたら済むのか、甘えやがってと、号泣する子供に向かって、何度も罵倒する。これはお前のためだと大人は言う。お前がわからないから、ずっと言い続けてやると脅す。これが子供にどんな変化をもたらすのか、どこまで考えているのだろうか。どうせ馬鹿だから、理解できないんだろ!?と言う大人。理解していないのは、大人のあなたですと私は思う。子供のあんな怯えた顔を見たら、普通の人は、我に返ることができるから。サイコパスの境目はここなのかもしれない。痛みがわかる人間ではないのだから。

もし、私が目の前で同じ状況に遭遇したならば、私は誰にも助けは求めないけれど、血のつながった子供は命をかけて守る覚悟はできている。それくらい大事な命だから。

先日、持ち回りで学校の読み聞かせをしてきた。2冊目を英語で取り組んでみたら、みんなの顔が眩しいくらいキラキラしていて、こども達の素直さと将来を、大人は本当に大切にしなくてはいけないなぁと改めて思っていたり。


posted by Asako | 12:17 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://d-o-b.kimiita.org/trackback/949246
トラックバック