Search this site
<< Do not stay behind. | TOP | 新しい季節 >>
理想と現実


とても狭い世界にいるから、本質が霞んで、自分の言動さえまともなのか判断が出来ない。

私は思っていたより、とても弱い人間だったのだと気づかされる。

そんな人が人に意見をしてはいけない、人を育てる資格があるだろうかとも思う。

大丈夫

今日、エスカレーターで後ろに立っていた親子(小学中学年の男の子、お父さん、お母さん)がお母さんのいいところ言い合うリレーをしていた。父:料理が上手いところ。息子:寝てばかりいるところ。母:え。父:いや、いいところリレーだから、いいよなぁ、それで。息子:お父さんの番だよ!父:お尻が大きいところ。

母とは
posted by Asako | 15:57 | - | comments(5) | trackbacks(0) |
コメント
こんにちは。

みんな弱いよ。だから強くありたいと思う。強く見せるために作る。

正しくありたい、まともでありたい、と思うから色んな経験をして学ぶ。

人を育てるとは、自分を見直すこと。
どうやって育てて貰ったのかを思い出す。
そして それを真似る。仕事も子育ても一緒。

でも、全く同じには出来ない。

だから、弱さも間違うことも受け入れなきゃいけない。

親もそうだったと思う。子は覚えていないだけで、親も悩んで迷って間違って生きて来たんだよ。

***

素敵なCMを見せてくれてありがとう!
2015/02/13 11:31 by あかね
あかねさん、こんにちは。長いコメントありがとうございます。かんちゃんと犬を含め、家族にとってはとても大事なこの二年間を、私がお仕事のために穏やかでいられない状態が続き、貴重な時間を犠牲にしてしまって、反省せずにはいられず、いつかこれも笑える日になるようにと書きとめました。

私の長い人生の中では、ちょっとしたピースでも、今を生きているかんちゃんやとんぶりにとったら、大きなピースだと頭ではわかっていても、一日の大半を過ごす会社で、今まで経験した事のない言葉でノックアウトされる日々を過ごしていたら、自己処理が追いつかないというキャパのなさ。残念な妻であり、母でありんす。

昨年は八方塞がりでしたが、今年は少しその塞がりも緩くなったはずなので、隙を見てするするっと抜けられたらと思うのです。なんて、まだまだそんな考えでいるところがあまちゃんです。早く春こないかなぁ。
2015/02/16 23:04 by アサコ
まっちょんでもこんな風に思うんだね。

子育ては後悔の連続だよー。

でもいつでもやり直せるのが子育てだって尾木ママがいってた(笑)

まっちょんはめっちゃ頑張ってるよ&#10024;

私たちについてまわる理想の母像ってなんなんだろうね。昭和の専業主婦?無料だわーー。
2015/02/19 00:16 by アキエ
無料→無理(笑)
2015/02/19 00:18 by アキエ
あっきー、お久しぶり。イチゴLINEは最近、静かだね。笑

私は世の中のママさんと比べるのも申し訳ないくらい低レベルのところでもがいているよ。だけど、後悔ばかりもイヤだから、自分のベクトルをどこに合わせていくか日々調整中。

しかし、三児の母は偉大だよ。しかも、震災も乗り越えたのだから。きっと、私には想像が出来ないくらいのことをあっきーは経験してる。

ホントだね、理想の母像てなんだろ。付かず離れずのバランスも難しいだろうしねぇ。特に思春期あたりから。ひゃー、中学生。お疲れ様です。
2015/02/20 08:29 by アサコ
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://d-o-b.kimiita.org/trackback/949226
トラックバック