Search this site
<< ドタドタ | TOP | まさかの記念日 >>
大雪物語


みなさんご存知の通り、東京は?いや、東京のはずれの八王子はどかっと雪が降って、とはいっても、岩手なら、日常の一日分みたいな感覚なのだけれど、久しぶりの銀世界に心躍らずにはいられなかった。馬さんは、雪が降る前日からかんちゃまんととんぶりワン公を喜ばせるため、雪が積もっている人が来ない公園?山?(つどいの森みたいなところ)へ行こう!とはりきっていた。そして、まだ雪がどかどか降る土曜日のお昼、馬さんはかんちゃまんをこれで背負って、私はとんぶりワン公を持って、出陣した。が、問題はかんちゃまんの手袋がなく、帽子も嫌がってかぶらない。しかも、出がけに私も急いでいて帽子を忘れたうえ、親指も負傷?した。公園にたどり着く頃にはかんちゃまんの頭はずぶ濡れ、手は真っ赤?紫?(寒いプールで唇が紫色になり、ガタガタ震えるパターン)、私の頭はオカッパ氷みたいなカッチカチに。だから、通りすがりの人達には、幼児を痛めつけていると通報されるんじゃないかと思うくらい見られた。その後、かんちゃまんが泣き叫び始めた頃、馬さんがかんちゃまんの命の危険を感じたのか、突然、方向転換をし、公園からノンストップで必死に走って帰宅し、お風呂に入れるという残念な大雪デビューを遂げた。特に残念がっていたのは、人がいない公園でリードをはずされ、フリーダムになったとんぶりワン公。短時間だったけれど、ひゃっほ〜という声が聞こえそうなくらい走り回り、雪が積もり垂れ下がっている木を引っ張り一人?一匹格闘していた。

そして、忘れてたの?と言われて思い出したのが、窓から見える深夜の明るさ。雪が積もるだけで、雪の反射でこんなにも夜が明るくなるんだったと。写真はその窓。

■今日の気になるCM (スーパーボウルから)

ドリトス 子供と犬。

ダノンヨーグルト 懐かしいなぁ、フルハウス。

マイクロソフト 元スーパーボウル選手とハイテク

ダヴ 考えさせられるなぁ。
posted by Asako | 16:29 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://d-o-b.kimiita.org/trackback/949210
トラックバック