Search this site
<< スープパスタ | TOP | 成長中&退化中 >>
ビフォーアフター


実家がまた?リフォームを決行していた。私の両親の家にかける想いは、家を建てる当初から相当なもので、小学二年の私は毎週末、両親の勉強のため、色々な輸入住宅に連れて行かれ、誰が来るのかね?みたいな電車のレールがそのまんま残されていた建材屋さんにも行った。だから、家が建った時はすごい珍しいのが出来たという感覚が低学年の私にもあり、完成した小学三年生の時には、家庭訪問じゃないのに、大好きな担任の川崎先生を招いた。これが無垢の床でと言って床を見せた時に、先生の靴下に穴があいていて、あ!と思ったのを覚えている。それから今に至るまで、ちょこちょこと、煙が逆流する設計ミスの煙突を新調したり、吹きつけの外壁からガルバリウムに変更したり、薪ストーブの床をレンガから大理石にアップグレードしたり、唯一和室だった畳の部屋を洋室のウォーキングクローゼットにしたり、キッチンを水栓から凝ってドイツのグローエに新調したり、正面玄関も階段から変えてみたりと、まぁ、もうリフォームするところないんじゃないかと思うくらい、やっている。大体は母上の中でイメージが出来ているので、タイミングを見計らって、やる!と決めたら、早い。そして、今回は洗面所、トイレ、お風呂、そして玄関をリフォームしたんだとか。母曰く、父上の退職金があるうちにやらないとなくなっちゃうからねだそう。私からすると、退職金うんぬんの前に、いいお年を召しているのだから、普通はバリアフリーのためのリフォームじゃないのか!?と思う。でも、やはり、両親のデザイン追求度に年齢は関係ないようだ。だから、最近は帰省する度に、これはなんじゃ?と実家なのに、なかなか落ち着かず、新しい?空間に慣れるまで時間がかかる。で、ただいま父上はここぞとばかり、ブログを絶賛?更新中。ということで、どうぞ、父上ブログ、おもはげながんすにお付き合いくださいませ。そして、どうぞ、ご近所の方、私の同級生さん、リフォームみーせーて!と散歩がてら、三角家に遊びにいらしてください。私が居なくても喜びますから、サプライズ訪問。美味しいコーヒーくらいはご用意します、母上が…。
posted by Asako | 19:38 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://d-o-b.kimiita.org/trackback/949204
トラックバック