Search this site
<< サプラーイズ! | TOP | 憧れない社食 >>
バイバイ


馬さんによく、アサコはバイバイをするよねと言われて、そういえばそうかもと思った。それは最初は意識的に始めた事がきっかけだと思う。しかも、それはいい年を重ねてからの話。アメリカにいた時も社会人になってからも、知人から笑顔でバイバイと手を振られると、とても距離が近い感じがして、また、会おうね!という声が聞こえてきそうで、優しい気持ちになる。社会人になりたての頃、先輩なのに、バイバイしてくれるんだとユミコねぇさんやタマミねぇさんに親しみを覚え、またすぐ会いたいなと、さっきまで一緒だったのに、バイバイした後に久しぶりに再会した友人や家族に思いを馳せる事もしばしば。ちなみに、かんちゃんにはお別れの時はバイバイはしなくて、久しぶりに会う時に遠くから大きなバイバイする。すると、ニンマリと笑顔を返してくれる。
posted by Asako | 18:27 | - | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
素敵やん!(しつこくて、すみません。。)
って、でもあたしのバイバイだけで、また会いたいと思ってくれてたなんて、やっぱり素敵やん!
会社に居る頃は、ピリピリと人に威圧感しか与えてなかった気がするからそんな風に思ってもらえて、光栄です。
今は少し毒も抜けて、もっと癒しのバイバイができるかも!笑
2013/09/20 10:30 by lovedangen
■ユミコねぇさん

アメリカにいると、日常でキスやハグと、ハイファイブなど、一日の流れの中で愛情を感じる事が多いですよね。日本はそういう文化はないけれど、そのちょっとしたしぐさで、優しくなれるっていいなぁと思っていたら、バイバイに優しさを感じてしまったみたいで。笑 ユミコねぇさんは毒が抜けましたか!? 毒を感じた事なかったけれど。笑 私はその逆になりつつあります。環境て、大事だなぁ。遠目
2013/09/22 17:09 by アサコ
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://d-o-b.kimiita.org/trackback/949197
トラックバック