Search this site
<< 要求吠え | TOP | かんちゃまん >>
参上


毎年ながら、母上が銀座の展示場で作品出品のため、盛岡からやってきた。いつも交通の便がいいホテルを予約しており、時間を上手くやりくりして、普段買えないような素敵なお弁当を持って、うちに遊びに来てくれる。久しぶりだからか、かんちゃんは馬さんから離れず、母上が買ってきてくれたパンを頬張りながら、遠くからチラチラと観察をしていた。そんなこんなで、たくさんおしゃべりをしていたら、あっという間に夕方。せっかくだからと、夕食をうちで食べて行ったら?と誘ったら、そうすると即答。て、よく考えてみたら、私が母上に夕食を作るのは人生で初めて。実家に帰省していても、ぜーんぶ母上が作ってくれ、私は食すのみ。今回は特に前持って用意をしていなかったけれど、馬さんリクエストはすでにあったので、それを作って並べた。料理上手な母上だけに、ドキドキしながら、どうぞーと勧めると、うん、美味しいよとのお言葉。なんだか、私自身がどんなコメントが欲しかったのかわからないけれど、まずは食べてくれた事が嬉しくもあり、美味しいの感想が恥ずかしくもあり、あ、す、すみません…と、すかさず答えてしまった。とりあえず、母上の様に一切、素は使わず、丁寧に作ったので、大丈夫?だったと思う。料理が嫌いじゃないのは、母上の影響だと思うので、これを機会にまた、母上に作ろうかなと思った…いや、思っただけ。
posted by Asako | 08:37 | - | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
親子愛 (*′ω`*)
いいなーいいなー
きたむらも今度作ってみよー(゚∀゚)Ahahahaha
2013/06/12 13:37 by きたむR
そうさそうさ、親子愛。
旦那さんに思わず謝っちゃったゆめぴりかを母上に出すべし。
なんだかんだ、母の作ってもらうのが一番美味しいんだけどね。笑
2013/06/13 14:36 by アサコ
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://d-o-b.kimiita.org/trackback/949189
トラックバック