Search this site
言葉のチカラ


前に書いたかもしれないけれど、言葉の持つ影響力は、計り知れないと、改めて思う事があった。言葉を発する側も受け取る側も、性別、文化、年齢、現在の環境、病気や障害、気持ちの余裕、今まで育った環境など、いろいろある要素が入り組んだ中で、100%通じ合えることの方が、難しいことを忘れてはならないと気を引き締める出来事だった。

ややこしいのは、悪ふざけ、自己満足、嫉妬、プライド、理想のからみは、事を大きくしたり、より複雑化し、発信している側には罪悪感がない場合が多いので、個人的には避けて通りたい。小さい頃に、私は両親から暴言を聞いたことは一度もないのだけれど、大人になってから、裏でいろいろあった事を聞いて、ま、それは普通の家族の姿で、ただ、小さい頃に目のあたりする事がなかったのは、とても感謝している。

そして、小学生の私が一度、罪悪感もなく、近所の友達一人を仲間外れにして、仲の良い女子グループみんなで言葉の暴言を吐いてしまい、友達を傷つける結果を招いた。いじめ発覚後にすぐ、グループ全員の親が集まって、どういう事なのかと問い詰められ、夜には帰宅した父から、こんな娘を持って情けないと男泣きされた日を今でも鮮明に覚えている。

その逆もあって、人が何気なく発した言葉が、今でも自分の支えになっている事がたくさんある。きっと、他の人が聞いても、ふぅ〜んで済まされる、普通の言葉なのだけれど、当時置かれていた状況やタイミングによって、その言葉は、私に深く刻み込まれた。今まで何度助けられて、迷った時にうん、これなら後悔しないと指標になったか。しかも、その中のひとつは、留学していた時の寮のフロントのおばちゃん。よく話をする間柄ではなかった人だ。でも、当時は言われた瞬間に相手がびっくりする程、号泣した。

そして、今、犬を飼ったり、親になって実際思う事は、動物だから、小さいから、聞いていないだろう、理解できないだろうは通用しないこと。彼らは、判断材料が少ないからこそ、あるがまま、自然のままを受け入れて、空気感と表情(顔色)などから、敏感に汲み取ってしまう。そして、すべて自分のせいでこんな事が起きてしまっていると、自分を責めることから始めることが多い。

短期間だったけれど、幼児教室で働いていた頃に、たくさんのこども達に出会い、感じたことでもあった。その教室は、月謝が高い教室で、みなさんがとても教育熱心で、こども達の地頭も良かった。学校と塾、部活など、朝から晩までお休みもなく毎日頑張るみんなが、ふと事務の私に、先生あのね。。。と話してくれる中には、それはキミのせいじゃないよと思うことがあって、ちょっとしたすれ違いも、一生懸命、なんでだろう、どうしたらお母さんは喜んでくれるだろう、怒らないでいてくれるのだろうと、葛藤している姿を垣間見た。そこは各ご家庭の問題だし、他人の私が入るなんてもっての他なので、そうなんだねと聞くことに徹した。ただ、本当にびっくりしたのは、こんな忙しいのに、こんなに小さい子が、自分の甘えたいという欲望を抑えて、一番近くの味方の笑顔が見たくて、どうしたらと一生懸命に悩む部分が見て取れて、印象的だった。

本当にこれからもずっと気をつけたい、言葉の持つチカラ。そして、自分の子供にも、言い続けなければいけないと思っている。

posted by Asako | 11:45 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
かんちゃんスイッチ


かんちゃまんは、親の私がドキドキするくらい、昔から赤ちゃんや小さい子が大好き。外出先でも、小さい子を見つけると、ロックオン。だから、兄弟ができたことは、まぁ、わかりやすく、彼に火をつけた。

薬屋さんでは、ベビーフードのコーナーにはりつき、1歳からのうどんとゼリーとパスタを買うと言いだし、あ、アンパンマンもいいね!と追加をしようとする。ナイキショップでも、一番最初に連れて行かれた場所が、弟の靴はこれがいいと思うよ!と見せてきた。昔、あまり見ていなかった教育テレビも、予習と言わんばかりに、弟のためだと言って見ている。

お腹を触って、胎動を感じては、父ちゃん、すっごい動いたよ!と何度触っても、初めての様に、馬さんに報告している。

ありがたいことだけれど、彼のほうが母乳出るんじゃないかくらい、母性本能が強そうで、今からドキドキしている。知らない子をロックオンするよりはいいかと思いながら、来年はなかなか賑やかな年になりそうだと思っている。

写真は馬さんの背中がフィットするらしい柴。

posted by Asako | 13:11 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
探り合い


ある芸能人の方が、結婚3年目で夫婦関係を、まだ探り合いと言っていた。【探り合い】って言葉が、自分にもしっくりきた。夫婦40年選手の方は、良い夫婦関係を築くうえで大切にしているのは、「言葉のキャッチボール」と「当たり前だと思わないこと」。こちらもまた、私にはしっくりきた。

最近、テレビでやたらと、田舎のおじぃちゃんおばぁちゃん夫婦に対して、奥さんを愛してますか?なんて欧米風に聞くけれど、私はいつもしっくりこず、ヤラセ感とテレビから伝わる夫婦の空気感がその瞬間に総崩れして好きになれない。
 
愛ではなく、探り合いも意味合いが似ている気がする。探り合いのベースには、相手に対してまだ興味もあり、どうしたらいいんだろうと思いやりや譲り合いが存在する。だから、愛なんて言いきらなくても、内に秘めている感じが日本人らしくて良いなぁと。

私は昔からよく話す人間なので、「言葉のキャッチボール」は、苦ではなく、相手が選んだ言葉のチョイスを楽しんでいる。だから、綺麗な言葉、自分が使わない言葉、言い回し、相手に合わせて言葉を巧みに使い分けている人にグッと惹かれてしまう。ご存知の通り、馬さんの言葉のチョイスにはいつも笑わせてもらっている。

「当たり前だと思わないこと」は、夫婦感でなくても大事なことだなと感じる。当たり前=普通にも私は置き換えられると思っていて、私の盛岡の家族は昔から、よく普通と違うねと言われていた。岩手だから、よりその感覚は強かった。でも、夫婦二人で共通の価値観を築いて、ずっとブレない両親と、世間でいう普通でないその価値観が悪いことではないことを教えてくれた両親に感謝している。馬さんは、私の過去をよく知っているので、あの人と結婚すれば一生安泰だったのにと冗談で言うけれど、世の中から見ると、これまたちょっと変わってるこの家族に満足している。それはみんなが平等に与えられている時間に対して、まずは夫婦間で、どの部分を大事にして生きていくか、そして、子供が増えても、その中で幸せを感じる部分が共通しているからかなと思う。

ちなみに、うちの家族は、やさしく、つよく、おもしろく。ときには、ぶつかりあうけれども。

posted by Asako | 16:16 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
東京のお父さん


私の叔父で東京の父が、12月に急逝した。なんの兆候もなく、本人もいつもの様に朝ごはんを食べ、11時にブログを更新していた。そして、夕方にトイレでぐったりする叔父を叔母が見つけた。のちにわかった死因は、大動脈破裂だったそうだ。

まさかの別れが周りが茫然とするくらい、こんなにもあっさりくるものなのかと思った。ただそんなに苦しまずに亡くなったに違いないと思うことだけが遺族の唯一の慰めだった。

10年ぶりくらいにイトコで叔父の長男であるガイシ兄に連絡。言葉は少なくても、お互いのことはわかりあえている兄妹みたいな関係。電話で、少しは眠れてる?お葬式の日取りが決まったら、メッセージしてとだけ手短に話し、翌日、業務連絡みたいに、お疲れ様です。お葬式、この日になりましたとメッセージが届いた。

お葬式の場所は赤坂。アクセスがよく、ドンキがある近くに突然おしゃれな建物が現れた。ちなみにここは私の叔父叔母がすでに生前に二人で下見をして決めていた場所。

2分遅刻した私は、バタバタと本堂へ。といっても、本堂は4階と、階数で納骨堂や参拝場所、食事をする会場とひとつの建物内ですべて管理されている近代的でイマドキなもの。

話は戻り、焼香スタートに滑り込みながら、一番後ろに座り、すでに座っている人達の観察から始めた。きっと、2列あるから、左側は友人や知人、右側は親族だなと予想した。が、のちのち、すべてが親族だと知り、圧倒される。和尚さんも家族葬では、過去最高人数だと驚いたくらいだ。叔父は九州は熊本出身で、なんと9人兄弟で、叔父は4番目。しかも、7人はまだ健在ときた。だから、夫婦で参列する兄弟もいるので、この大所帯。

そして、驚きはまだ続く。左の列の後ろに若者が3人並んで座っていて、一生懸命焼香のシミュレーションをしていた。左の列だから、叔父にお世話になった映画関係者なのかなと思いながら見ていたら、あ!エリちゃん!とリカ姉(叔父の長女)の子供達、つまり、私のハトコ達だと気がついた。ちなみに、リカ姉は6人子供達がいて、今回参列したのは上の3人。私が最後に会ったのは、みんなが小学生の時。みんな礼服だからなおさら、想像がつかなかった。エレベーターで移動する際に、一緒になり、ひゃ〜みんな元気?!と再会を一人喜んだ。誰なの?と実父から問われ、リカ姉のお子ですと答えたら、お葬式のスタッフかと思ったと。

お葬式は、棺の中に眠るいつもと変わらない穏やかな叔父の顔を見て、骨を見て、納骨して、毅然と振る舞う叔母とガイシ兄を見て、泣いた。

今回、羨ましかったのは、兄弟が多いっていいなということ。叔父の兄弟は、初対面なのに、みんな言い当てる事ができるくらい、ビックリするほど顔が似ていた。なんで、ようちゃんが先に逝っちゃうの。。。と弟を想う一番上のおねぇさんが、お葬式当日に出張から帰宅した息子さんから今から行こう!と口火を切ってくれたお蔭で、九州から、急遽飛行機に飛び乗って夕方にやってきた。

お葬式の中で叔母は、もうお父さんの餃子が食べられないのが寂しいと話していた。3人なのに、こんなに大量にいらないよと言っても、いつも大量に作ってしまいます。きっと、9人兄弟で育ったからでしょうとも話していた。急でみなさんいい年齢なのに、九州から駆けつけてくれる兄弟の関係の良さは、その話を聞く姿を含め、その場の空気感で、何も語らなくても、感じとることができた。

そして、ハトコ達。まぁ、家庭環境は複雑なため、三人が会うのも数年ぶり。え、特に連絡取り合う必要なくない?なんて言いながらも、今回参列した3人が誰かしらが全国へ移住した兄弟とつながっていることがわかった。今回も連絡取るのが遅いんだよっ!あの子はやんちゃだけど、筋は通す子だよ!とか、兄弟間の話は尽きなかった。そして、多兄弟だからか、弟1、弟2と名前では呼ばない長女エリちゃんが、サバサバとしきっていて笑えた。最後はみんな、今度は柴又に兄弟6人全員集合だね!と言って別れた。久しぶりにみんなに会った私は、年齢的には、アサコおばちゃんなのに、昔と同じ様にアサコねぇちゃんと呼んでくれて、みんな可愛いのぉと気分だけ多兄弟を味わった。

きっと今まで人生いろいろあっても、ずっと会っていなくても、環境が変わっても、両親が他界しても、兄弟を想い合う気持ちは、どこかしらにあるんだなぁと思ったお葬式だった。だから、多兄弟が羨ましく、かんちゃんが一人っ子なのがちょっと申し訳なく思った。

※こちらを書いたのが昨年のため、また、状況が変わっていたり。人生いろいろ、しみじみ。

posted by Asako | 12:52 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
実は妊娠しまして


41歳になりましたので、特に不妊治療はしていなかったのだけれど、もう体力的にも経済的にも無理だわぁと、二人目を諦めた。自分のキモチにも、すっぱりきっぱり整理をつけるために、今までの事情も知らない母上に突然、妊活してたけど、やめました!と宣言。そして、PTAもさっさと終わらせようじゃないか!と、立候補したわけで。。。

すると、5月のある日、かんちゃまんにアサコのおつぱいが大きくなっていると言われまして。元々、ぺちゃんこおつぱいなので、彼も気づきやすかったのか、あれ?そう言えば、月一きてないかも?となりまして。とりあえず、使えるのかね?と半信半疑で、8年前の妊娠検査薬の余りを引っ張り出してきまして、テストしてみた。

すると、なんと、陽性のラインが。8年前のだから、怪しいと思いながら、見てくれ!と馬さんへ。怪しい結果なのに、馬さんは涙目。かんちゃまんが一番喜ぶねと言いながら、まだ、本当かわからないし、流産の可能性もあるし、当分伏せておこうとなりやんした。おかげさまで、産婦人科で確定が出まして、でも、ここまで長い道のりだったので、体の変化はあるけれど、実はいまだに私自身実感は全くわかず。きっと、赤さんに会うまでこのままだと思う。

そうそう、PTAのみなさんには、ごめんなさい!妊娠してしまった!と伝えまして、嫌な顔をされるのを覚悟していたけれど、みんな、お母さんの集まりだから、すんなりと、おめでとう!無理は絶対しちゃだめ、私達に任せて大丈夫、できるとこれだけ入って!と心強いお言葉をくれた。PTAというだけで、強い圧力団体みたいなイメージがあったけれど、今回のメンバーは相性が良い、さばさば&優しい人達の集まりで、私はずっと笑いながら楽しみながら、8月末まで走り抜けることができた。

今回の妊娠、何がかんちゃまんの時と違うかというと、まぁ、つわりがひどい。食べられるだけありがたいかと思いながらも、安静を余儀なくされ、横になる日が続き、いつもに増して、ぐうたらの日々。馬さんには1月の出産後覚えていろ!とあまりのぐうたらさに、毎日脅されている。

流産の確率もそろそろ低いかなという頃に、かんちゃまんと一緒に産婦人科へ。空気感で感じてくれるだろうと思っていた私が甘かった。診察後も全く気づかず。。。診察後廊下で、かんちゃん、おにぃちゃんになるよ!アサコ、最近、朝、一緒に学校行けなくなったのも、赤ちゃんがお腹にいるからだよと伝えたところ、へ?って顔をされた。こりゃ、まずいぞと思いながらも、私は血液検査のため、別室へ。かんちゃまんは自動ドアでつながる待合室ロビーへ。自動ドアが開いたと同時に、やったーと言いながら、バンザイをするかんちゃまんの後ろ姿が見え、ドアが閉まった。その際に見た光景があまりにも強烈で、今でも笑えてくる。

小学校では、どこからか情報を入手した、かんちゃまんの一年生の担任と二年生の担任の先生、それぞれから、興奮気味に、あのかんちゃんがおにぃちゃんになるんですか!?と言われたのも、なんだか、笑えた。

いろいろな不安はもちろんだけれど、もう一人いたら、もっと楽しいことが増えるんじゃないかと思わせてくれた、かんちゃんと馬さんに素直にありがたいと思う。そして、早退や急なお休みを快く許してくれる会社にも感謝。

ちなみに性別は、まだわからないのだけれど、すでに名前は決まってしまった。あとは無事に健康に生まれてくれるのを祈るのみ。

posted by Asako | 08:22 | - | comments(4) | trackbacks(0) |